テレビが勘違いしている視聴者ニーズの現実

視聴率至上主義、似た番組ばかりで「誰得?」

「過去の成功と手堅い策の間でさまよっている」というのがフジテレビの現状であり、それは残念ながら視聴者ニーズと一致していません。現在のキャッチフレーズ「フジテレbe with you.」を実践するのなら、目先の視聴率ではなく、視聴者のニーズに応え、愛着を持てるような番組作りを進めるべきでしょう。

求められる「ダブルスタンダード」

ちなみに、テレビ東京はニッチな番組が多く、「コアな視聴者ニーズのみに応える」というビジネススタイルであり、他局と同系列でとらえないのが基本。ときどきマスな視聴者ニーズに応えることもありますが、それはあくまでコアなニーズに応えようとした結果であり、だからこそ、同局の番組は力を抜いて見られるのです。

ここまで各局が視聴者ニーズから離れている理由として、日本テレビは「バラエティ偏重と他局たたき」、テレビ朝日が「極端な中高年シフトと抱き合わせ特番」、TBSが「バラエティのさじ加減を間違える」、フジテレビが「過去の成功と手堅い策の間でさまよう」を挙げていきました。

もう何年も前から、人々の「テレビ離れ」が指摘されていますが、本当にそうなのでしょうか? 絶好調が続く「世界の果てまでイッテQ」(日本テレビ系)、昨年末の「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)、WBC中継などのスポーツを見れば、人々は「ニーズを無視したテレビ番組から離れているだけ」であって、「テレビそのものから離れているわけではない」という真実が浮かび上がってきます。

低迷が叫ばれる今だからこそ、各局に取り戻してほしいのは、「視聴率=視聴者ニーズではない」という前提。「視聴率が取れれば視聴者ニーズを満たしている」というわけではなく、「視聴率も取れて、なおかつ視聴者ニーズを満たせるのはどんな番組なのか」というダブルスタンダードでの番組作りが求められているのです。

テレビが「好きなときに、好きな場所で、スタートから見られる」というユーザビリティの面で、ネットに勝てないのは明白。だからこそ、視聴者ニーズに応えるのはもちろん、コンテンツの質で上回っていくための努力が必要ではないでしょうか。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
EV(電気自動車)ショック<br>大転換の勝者と敗者

ガソリン車から電気自動車へ、世界中でEVシフトが進んでいる。日本の自動車業界は大転換を迫られ、部材メーカーの勢力争いも本格化。日本経済はこの地殻変動を乗り越えられるのか。