人気株の「株主優待空売り」には、要注意!

内田衛の日々是投資

株主優待の「タダ取り」を狙っても、思わぬ落とし穴があることもある(写真:Flatpit / PIXTA)

米軍のシリア空爆をきっかけに、アジアでも一気に北朝鮮をめぐる情勢が緊迫化。高値圏で持ちこたえていた日本株もズルズルと値を下げてきた。この直前、カリスマ投資家の内田衛氏はどんな投資をしていたのか。全体相場の動きとはまったく関係なく、個別株が上昇、しっかり利益を確定していたのだった。

【3月27日(月)】先週末の日経225先物は、30円安の1万9110円。NYダウは、59ドル高の2万0596ドル。日経平均株価は、276円安の1万8985円と大幅安で1万9000円割れ。

「ホテル椿山荘」で有名な藤田観光の総会に行ってきた!

藤田観光の総会へ。ホテル椿山荘東京内で開催されるって、やっぱりいいよね~(写真:筆者撮影)

【3月28日(火)】午前5時半、日経225先物は、190円高の1万9000円。NYダウは、45ドル安の2万0550ドルと5年8カ月ぶりの8日続落。

今日は、藤田観光(9722)の株主総会出席のため、東京都文京区にあるホテル椿山荘東京へ行く。

東京メトロ有楽町線江戸川橋駅を降りて、神田川沿いに歩くと桜並木がありとてもきれいなのだが、桜は3分咲きで花見にはまだちょっと早いかな。9時48分、総会会場に着くとアサヒの十六茶とポッカサッポロの玉露入りお茶の2種類があり、さらにそれぞれ常温と冷やしてあるものが用意されていて、ホテルマンがどれにするか聞いてくる、きめ細やかなおもてなしがうれしい。

2016年の訪日外国人は2403万人と過去最高で、消費額は3兆7000億円、消費から体験、大都市から地方都市へという動きがあるそうだ。宿泊者の35%が訪日外国人だそうだ。足元の業績は堅調なのだが、ある株主が「2018年に韓国(ソウル)にホテルをオープンする予定だが、大丈夫か?」と質問していた。ホテルを新規にオープンするまでに、5年を要するようで、韓国に「THAAD(サード)ミサイル」配備で中国との関係悪化で中国人観光客の激減までは予想できず、ちょっと心配。

総会のお土産はおまんじゅう。1200円相当だった(写真:筆者撮影)

また、7月1日をもって売買単位を1000株から100株に変更することに伴い、10株を1株に併合することになった。11時49分、総会終了。お土産は、さくら色で桜の焼き印が押してあるおまんじゅう(写真)。会社のHPで調べたら、1200円(税込)相当。本日の藤田観光の株価は、4円高の352円。

コーヒー主力の輸入商社の石光商事(2750)を390円で800株売り、約7万2000円の利益確定、買いは昨年の6月24日に300円で。本日は、3月権利付最終売買日で、石光商事は、3月期末配当予想10円と株主優待があるが、すでに保有していて優待基準はクリアしているので、売ることにした。日経平均は、217円高の1万9202円と反発した。

次ページ人気優待銘柄には「落とし穴」があった!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
50歳から考える<br>定年後の仕事選び

健康なら80歳まで働ける時代。60歳の定年からでも20年、50代で転身したら30年近くある。発想を変えれば、あなたの人生は変わる。生涯現役で働きたい人に役立つ情報が満載。