トランプ米大統領、シリア追加攻撃を示唆

シリアの作戦機は20%損傷・破壊

 4月10日、マティス米国防長官は、シリア攻撃で作戦機20%などを損傷、破壊したと発表した。写真は国防総省で2月撮影(2017年 ロイター/Mary F. Calvert)

[ワシントン 10日 ロイター] - マティス米国防長官は10日、前週のシリア攻撃で同国の作戦機20%に加え、燃料や武器施設などを損傷、破壊したと発表した。

長官は「シリア政府はシャイラット空軍基地での燃料補給や再武装の能力を失った」と述べた。

トランプ大統領は、シリアが化学兵器の使用を続けるなら追加攻撃もあり得るとの考えを示した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ショッピングセンターの憂鬱

ショッピングセンター(SC)の新規開業が相次ぐ一方、閉店も増加。セールの乱発と主力の衣料の苦戦で、既存SCの売り上げは不振だ。百貨店と同様に大量閉店の波が押し寄せるのか。