50歳前後の「アラフィフ婚」が増えているワケ

出産や育児を想定せずに見据える将来

(出典:平成27年人口動態調査「結婚生活に入ったときの年齢別にみた年度別婚姻件数」 )

50歳前後の結婚「アラフィフ婚」がじわりじわりと増えている。出産育児を想定せず、男女とも余生を見据えているのが特徴だ。

雇用均等法第一世代やバブル世代に当たるこの年代は、育児と仕事の両立が今よりずっと困難で、寿退社や女性の年齢=クリスマスケーキ論がまかり通った時代を生きてきた。仕事や介護が背景にあったり、何となくだったり、独り身だった理由はそれぞれだが、後半の人生を共にするパートナーを見つけ、歩み始めている。

特に結婚に執着はなかったが…

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

今年の1月に入籍した藤本香さん(49)=仮名=が結婚を本気で考えたのは、子宮筋腫の発覚がきっかけだった。アパレル業界で長年働く藤本さんは、柔らかな声が印象的な鈴木京香似の美人だ。

病気が見つかるまでは、現場の教育係として全国を飛び回る日々を過ごしてきた。しかし、手術と療養のために1カ月の休職をすると、立ち止まらないわけにはいかなかった。ふだんは明るい藤本さんも、さすがに「この先の人生を考えて心細くなった」という。離れて暮らす家族とも「生存確認」と冗談めかしながら、毎日連絡をとるようになった。

そんなところへ「結婚してください」と、交際相手からの直球のプロポーズ。友人の紹介で知り合い、交際期間は3年を迎えていた。とくに結婚に執着はなかったのが、気づけばすんなり受ける心境になっていた。相手は8歳年上の会社経営者で初婚、藤本さんは二度目だ。最初の結婚は20代で、子供はいなかった。

結婚を機に、生活は激変した。新婚生活はじきに90歳を迎える夫の母と同居だ。義母の年齢を考えて「一日でも早く仲良くなった方がいい」と考えたからだ。

「いっぺんにいろいろできないので、忙しい仕事はここで区切りにしよう」。それなりの収入もポジションも得ていたが、会社は辞めることにした。今後はゆとりをもって働きたいと、資格取得の勉強を始めている。

「奇跡の初婚同士だったんですよ」。

大手メーカーで広報キャリアの長い熊沢ほしみさん(58)は朗らかに笑う。PR畑の長いひとらしい、気さくな雰囲気の女性だ。2年前、56歳でジューンブライドとなった。夫は当時58歳、スポーツジム仲間のひとりで、趣味のゴルフにバーベキューにと10年来の友人だった。

次ページ独身プレッシャーは人権侵害レベル?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。