シトロエン「キモカワ系」小型車の意外な魅力

「C4カクタス」、実は優れたアスリートだ

 

シトロエンの小型クロスオーバーモデル、C4カクタスに試乗した。スペックは凡庸そのもの。しかしこの新種のキモカワ系、じつは優れたアスリートだった!?

シトロエン GSを彷彿させる魅力

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

「結核病みの美少女に恋したようなものだ」シトロエン GSに魅入られたひとのことを、その昔、ある高名な自動車評論家がそう表現した。

風立ちぬ。いまは春。今日から私はこころの旅人。♪じゃんじゃかじゃん。

というのは作詞・松本隆、作曲・大滝詠一の名曲「風立ちぬ」ですが(蛇足ながら、ホントは秋です)、フランスの自動車メーカー、シトロエンが満を持して1970年に放ったGSは、当時のハイテクを惜しむことなく投入したミド・レインジ用小型車の傑作である。「ハイドロニューマチック」と呼ばれる油圧サスペンション、インボードの4輪ディスクなど、ハードウェアは当時のシトロエン流、つまり前衛の極みだった。

デザインもまたしかりで、空力に基づいたエクステリアと、デジタル・メーターに代表される未来的なインテリアは、デザインおたくのこころを鷲づかみにするだけでなく、居住空間も十分確保されていて実用的でもあった。

次ページ人気を博したのも当然で
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?