「偽ニュース」も宣伝に使うハリウッドの商魂

「非合法では?」と言われようとも…

新作スリラー映画『A Cure for Wellness(原題)』のプロモーションのために、偽のニュース・ウェブサイトが作られ、偽の記事の数々が流されました
もし、実在する政治家に関する 偽のニュースが世に流れていたら、多くの人が信じてしまうことでしょう。そんな前例を、皆さんは経験したはず。
そんな思いでこちらをご覧ください。大手映画配給会社がこのたび、新作映画の宣伝のために、これまで見たことのないプロモーションを行いました。「そんなことするなよ~!」と、言いたい気持ちでいっぱいなのが現状です。

 

最近のハリウッドは、「これは儲けるチャンスだ!」と踏めば、たとえ、のちに「非合法では?」と問いただされる結果になろう予測がつこうとも、それを実施することを辞さない風潮にあるようです。

「20世紀フォックス」による大胆な仕掛け

アメリカの映画会社の20世紀フォックスとアメリカの映画映画製作会社のニュー・リージェンシーは、新作スリラー映画『A Cure for Wellness(原題)』のプロモーションとして、偽のニュース・ウェブサイトを作り、偽の記事の数々を世に流していたのでした。 

当記事はエスクァイア(運営:ハースト・デジタル・ジャパン)の提供記事です。元記事はこちら

たとえば名前にアメリカの地名が入れ、いかにも地元メディアであるかのように装った「サクラメント・ディスパッチ」というウェブサイトを立ち上げたのです。

そしてそのサイトでは、「昨年の最終選挙戦でドナルド・トランプがスイスの片田舎にあるクリニックで、ロシアのウラジミール・プーチン大統領と密会した」という偽の記事を作成し、掲載していたのでした。

しかしながら、映画『A Cure for Wellness』のストーリーになぞられた偽の記事は、もう配信されていないようです。「サクラメント・ディスパッチ」のURLを開こうとすると、現在は自動的に下記のように映画のプロモーションサイトへとリダイレクトされるのでした。 

「サクラメント・ディスパッチ」と名づけられたサイトに以前掲載されていた、「トランプ、プーチンと密会」の偽記事になります。現在はこちら

また、「ヒューストン・リーダー」というサイトも設置し、そこでは「レディ・ガガがスーパーボールのパフォーマンスで、イスラム教徒に賛辞を送ることを計画している」という記事を掲載しました。

次ページ複数の「偽ニュースサイト」が宣伝用だった!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
どん底からの回復劇<br>マクドナルドの組織改革

2014~15年度に赤字に陥った日本マクドナルドHD。17年度は最高益の見通しだ。逆境下で指揮を執ったサラ・L・カサノバ社長に聞く。「きっかけは女性マネジャーからのメール」。