志望校選びで念入りに「校長」を見るべき理由

大きく伸びた3つの中高一貫校の秘密

志望校を選ぶ際、校長をしっかり見ていますか?(写真は大妻中野中学校・高等学校の生徒)
子どもの志望校を選ぶ基準は何だろうか? 「公立か私立か」「入試日程は合うか」「通える場所にあるか」。しかし、親、子はもちろん、学校の担任教師、塾の講師が最も気にするものは「偏差値」だ。志望校を「偏差値」だけで決めたという経験がある読者も少なくないだろう。
しかし、「偏差値」だけでは子どもに合った学校を選ぶことができない、と警鐘を鳴らすのが、学校選びを指南するプロの進学コンサルタントで、『志望校は校長で選びなさい。』などを著書に持つ沖山賢吾氏。今選ぼうとしている学校は、中高一貫校であれば、子どもにとって大切な6年間を過ごす場所となる。新学期が始まり、これから本格的に志望校選びをする家庭に向けて、本当に子どもに合う学校選びの基準を解説してもらった。

志望校の校長先生が、どんな人か知っていますか?

その日の保護者説明会、宮澤雅子校長はいつになく緊張していた。

「学校でのタブレット学習を強化したい。そのため各ご家庭に、個人所有となるタブレットを購入してもらいたい――」

東京都中野区にある大妻中野中学校・高等学校。この学校では校長主導のもと、新しい学びのための改革が急ピッチで進められている。海外とのオンライン英会話のためのタブレット使用もその1つ。確実に成果を出すため、宮澤校長はタブレットを個人所有にしたいと考えていた。

当初は中学1年生だけの導入を予定していた宮澤氏。しかし、上の学年の生徒たちの「少し学年が違うだけで私たちは使えないのですね」という声にハッとし、高校1年生にまで範囲を広げることを決心した。

「根がせっかちですからね。やるなら一斉にやろうと決めたのです」

しかし、保護者へどう説明するかには相当頭を悩ませた。なにしろ十数万円という大きな金額を、各家庭に負担してもらわなければならないのだ。いくら私立の学校とはいえ高額だ。異論反論も出るだろうと覚悟して臨んだ説明会。しかし、その覚悟は不要だった。反対や苦情は1件もなかったからだ。

「保護者の方に大きなご負担を強いる提案でしたので、とても心配していたのですが、そんな心配は無用でした。保護者の皆さんが学校を信頼してくれていることを肌で感じ、心から感謝した出来事となりました。約束した『費用対効果』を上げることをあらためて肝に銘じました」

次ページ「アジャイル」する校長
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。