ゴルフは鳥に学ぶ

メメジャー大会は、ゴルファーの心と技を磨く場所

吹き上げるような右や左からの向かい風、ゴルフボールがいろんな風の中をかいくぐり目的地に到着、パーに対して1打少なくホールアウトすると「まるでボールを鳥のようにうまく扱うもんだ」と称賛され、バーディーという言葉ができ上がったと聞いていますが。昔はバーディーなんてめったに出るもんじゃなかったらしい。

メジャー開催のコースを見ていると確かにそのとおり、真っすぐなボールを打てるだけじゃ仕事になりゃしません。
6月の全米オープンが行われるようなコースは、深いラフと速いグリーンは言うまでもありませんが、テレビで見るよりもずっとコースにはアップダウンがあって、フェアウェーも平らな所がえらく少なく。そのうえティーグラウンドに立って見ると大きな木がコースに枝を伸ばし、フェアウェーの平らな所にボールを置くには、フェードとかドロー、そのホールによって球筋を要求してるんですな。

そんなタフなコースづくりをしている全米オープンは、4日間、72ホールでイーブンパーを優勝スコアにしたいらしいが、ゴルフ協会のほうは、「うんそうだ」とは言わないらしい。一方、7月の全英オープンは多くがリンクスでコースは自然任せ、その週の天気によって優勝スコアは予想できません。コースは原っぱでショットを邪魔する木はありませんが、風のない日はめったにありませんからね。風に負けない多彩な球筋を打てないといい成績は出せませんわ。

全英の今年の開催コース、ミュアフィールド・ゴルフコースは1891年にトム・モリスが作ったと聞いているけど、百何年経っても競技用のコースとして存在するって、先を見る目がある昔の名人たちを尊敬しますね。リンクスのバンカーの深さをご説明するまでもないけど、ミュアフィールドの18番にはフェアウェー左サイドにバンカーが二つ並んでましてね。ティーショットを最初のバンカーに落とし、そこからグリーン近くに出そうと欲をかくと、次のバンカーに入ってしまう仕掛け。ゴルファーの心理は今も昔も変わらないってことですね。

6月の全米オープンの事ですが、大会3日目の後半、松山英樹がティーショットを曲げ、3連続ボギーを打ちましてね。普通、ティーショットを曲げたんだから、試合後はショットの練習をしますが、逆にラフからのショットを徹底的にしたというんだから、これが松山の非凡なところだね。

十分な練習でラフからのショットに自信を持ったら、ティーショットに不安がなくなり曲がらなくなるんですよ。その結果が最終日67の大会ベストタイ、10位タイで試合を終え、その翌週には日本ツアー選手権で7位タイ。旅の疲れがあるなんて泣き言も言わずよく頑張ってる。メジャー大会はゴルファーの心と技を磨く場所です。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。