個室なしで中学受験を乗り越えた人の間取り

勉強道具は大容量の造作家具にすっぽり

「リビ充」を楽しんでいる家族にお話を伺う(写真撮影:飯田照明)

スマホ・タブレットが普及し、共働きの増加やテレワークなど働き方改革が進むなか、リビングは“テレビを主役としたくつろぎ空間”から、家族みんなが思い思いの時間を過ごす“多機能空間”に変化を始めています。

今回取り上げる「リビ充家族(リビング充実家族)」は、東京都港区にお住まいの宮内さん一家。フルタイム勤務の夫婦、小学6年生と2年生の姉弟の4人家族です。約94m2の2LDKを1LDKにリノベーションして広やかになったリビングを居住スペース兼寝室として活用。6畳の個室は現在物置にしているそうです。家族全員がリビングに集い、時間を共有する暮らし方についてお聞きしました。

間取りを自分たちの暮らしに合わせてカスタマイズ

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

マンションの建設中に家の購入を決めたという宮内さん。同じ棟内の間取図をいくつも見比べ、最終的に現在のお住まいを選びました。その理由は、部屋が広い(約94m2)、バスルームが大きい、天井が高い(約3m)の3つ。身長182cmの宮内さんが体を伸ばしてくつろげるサイズ感が決め手になりました。

けれども、宮内さんは「入居が近づくと、だんだん間取りが気になってきてしまって……」。リノベーション前の間取図を拝見すると、たしかにちょっと住みづらそう。例えば、リビングに収納スペースがない、洗面所とトイレのドアを同時に開けるとぶつかる、寝室の一部を凹ませてトイレを配している(宮内さんいわく「夜中に家族がトイレを使うと、水を流す音で目が覚めそう」)、などです。

「契約前にいくつかほかの物件も検討したんですが、近隣で候補となった新築マンションは割高でした。そっちで気に入った間取りを買うのと、こっちで新築をリノベーションするのと、価格的にそう変わらなかったんです。それなら、自分たちの暮らしに合わせてカスタマイズした住まいのほうが快適だろうと考えて、リノベーションに踏み切りました」

リノベーション前(左)はリビング・ダイニングと主寝室の間にあった壁を、リノベーション後(右)は撤去。孤立していたキッチンの壁も一部取り払い、カウンターを設置。トイレは元納戸スペースに移設しました(画像作成:編集部)
次ページ限られた時間を共有したい
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
EV(電気自動車)ショック<br>大転換の勝者と敗者

ガソリン車から電気自動車へ、世界中でEVシフトが進んでいる。日本の自動車業界は大転換を迫られ、部材メーカーの勢力争いも本格化。日本経済はこの地殻変動を乗り越えられるのか。