ロンドン襲撃事件、犯人の男は英国生まれ

数年前にMI5の調査を一度受けていた

 3月23日、ロンドンの国会議事堂付近で発生した襲撃事件で射殺された男について、警察は23日、イングランド南東部生まれのハリド・マスード容疑者(52)と特定した。現場付近で撮影(2017年 ロイター/Stefan Wermuth)

[ロンドン 23日 ロイター] - メイ英首相は23日、前日議会付近で起こった襲撃事件について、犯人の男は英国生まれで、情報当局が存在を把握している人物だったと明らかにした。

首相は議員に対し「男が英国生まれで、暴力的な過激思想を巡る懸念に関連し、数年前に情報局保安部(MI5)の調査を一度受けていたことを確認する」と述べた。

襲撃の意図や計画に関する情報は事前に把握していなかったという。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。