にわかに脚光を浴びる高卒採用という選択肢

大卒の採用は厳しくなるばかり

学生を集めるのに経営者や人事部は苦労をしているようです(写真 : freeangle / PIXTA)

人手不足がいよいよ深刻化しています。新規採用するため募集をかけたが、いい人が応募してこない。あるいは人材紹介会社に頼んだけれど、期待したような成果が得られなかった……という話を、経営者や人事部から頻繁に聞く時期が長く続いています。なかでも、大学生の新卒採用では、企業は大苦戦を強いられています。打つ手はないのか、いったいどうしたらいいのでしょうか。

短期決戦が影響を及ぼしている?

この連載の一覧はこちら

大卒の採用難については、昨年の前提条件の変更も少なからず影響を及ぼしているようです。経団連の会員企業を中心に大企業は2017年卒の大学生採用は選考開始時期が8月から6月へ変更。選考プロセスは短期決戦になりました。

そもそも企業の求人数がさらに増加する中、学生の数は変わらない状況ですから、大抵の企業で充足率は減少することになります。

マイナビの調査によると、昨年の採用活動は「前年より厳しかった」の41.9%と「前年並みに厳しかった」の47.0%を合わせた、「厳しかった」という声が88.9%とかなり多い結果となりました。

厳しかった理由については、「母集団の確保」「セミナー動員」「辞退の増加」などに加えて「採用活動スケジュール変更への対応」となっています。

大学生の新卒採用で企業が充足するなんて無理。そんな時代が当分は続きそうです。ではどうしたらいいか。みなさんと考えてみたいと思います。

次ページ中小企業はどうなのか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。