山手線イチ地味?「田端」の知られざる魅力

地元の人たちに聞いてみた

「田端」の魅力とは?(’写真撮影:小野洋平)

「田端駅」と聞いて、みなさんは何を思い浮かべるだろうか? 首都の中心を走るJR山手線沿線でありながら、やや知名度が低く、新宿や品川、上野などに比べるとやや地味な印象が否めない田端。そんな田端の現状を憂い、何とかスポットライトを当てようと活動しているのが地元出身の櫻井寛己(さくらいひろき)さん、27歳。生粋の「田端っ子」である櫻井さんに地元を案内してもらいながら、その魅力を聞いてみることにした。

「僕には田端しかない」櫻井さんのあふれる田端愛

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

山手線の上のほうにある田端駅。SUUMO住みたい街ランキング2017年版では100位にも入っていない。しかし、「穴場だと思う街(駅)ランキング」では7位に食い込んでいる。じつは田端、じわじわ来ているのだろうか?

「そう、田端はもっと評価されていいはずなんですよ!」

そう力説するのが、こちらの男性。田端をテーマに活動している櫻井寛己さんである。田端に特化したWEBマガジン『TABATIME』の運営や、田端をテーマにしたLINEスタンプの制作など、田端の啓蒙(けいもう)にいそしんでいる。

櫻井さん。田端生まれの田端育ち(写真撮影:小野洋平)
田端による田端のためのwebマガジン『TABATIME』 ※画像スクリーンショットです

今回は、そんな田端大好き櫻井さんの活動を聞きながら街を散策してみた。知られざるその魅力がきっと見えてくるはずだ。

次ページまず、櫻井さんは何者なのか?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
リクルート<br>覚悟の海外展開

リクルートの海外事業が絶好調だ。海外の人材派遣事業を買収し、急成長している。目標は2020年までに人材事業で世界一。海外事業をゼロから育てた2人のキーマンに迫る。