アップルが新iPad発表、329ドルから

24日から注文可能

 3月21日、米アップル<AAPL.O>は新型iPad(アイパッド)を発表した。24日から注文可能で、価格は329ドルから(2017年 ロイター//Regis Duvignau)

[21日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は21日、新型「iPad(アイパッド)」を発表した。

画面をより明るくした。価格は329ドルからと、フルサイズの自社タブレット端末の過去最低に設定した。

24日から注文できる。ストレージは32GBからで、「iPad Air(エア)2」に代わる機種となる。「iPad Mini(ミニ)4」(399ドルから・128GBモデル)よりわずかに安い。

また小型のiPhone(アイフォーン)SEは、従来の16GB、64GB型に代わり32GB、128GB型が発売される。

アップルはさらに、動画を制作して、モバイル機器向け基本ソフト(OS)「iOS」搭載機器で友人らと共有できる新しいアプリ「クリップス(Clips)」も公表した。

利用者が動画にキャプションなどを追加して、フェイスブックやインスタグラム、アップルのメッセージングアプリなどで共有可能という。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。