大粒ダイヤ「ピンクスター」が再び競売に

3年前に落札したウルフ氏が代金を支払えず

3月20日、競売大手サザビーズは、3年前にスイスで落札された59.60カラットの大粒ピンクダイヤ「ピンクスター」が、落札者が支払えなかったため再び競売にかけられると発表した。6000万ドル(67.6億円)の値が付くと予想されている(2017年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 20日 ロイター] - 競売大手サザビーズは、3年前にスイスで落札された59.60カラットの大粒ピンクダイヤ「ピンクスター」が、再び競売にかけられると発表した。

4月4日に香港で行われるオークションに先立ち、ロンドンで公開された。6000万ドル(67.6億円)の値が付くと予想されている。

このダイヤは2013年11月のジュネーブでのオークションで、史上最高額の8300万ドルで落札されたが、買い手のニューヨークの有名なダイヤモンド研磨業者アイザック・ウルフ氏が支払えなかったという。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。