「3回目の食事」前に必ずフラれる男性の特徴

肉食女子が増えても、結婚を決めるのは男だ

私は、武史に言った。

「次にお見合いして女性と交際段階に入ったら、毎日メールを入れること。食事3回の壁を越えるの。とにかく3カ月はがんばって動こうね」

「はい」

「前にも言ったでしょう? お見合いは3カ月で決まる結婚なんだからね」

結婚相談所では、交際後3カ月で結婚するかを決める

ここにも“3”の法則があり、仲人型の結婚相談所では、“お見合いして交際に入ったら、3カ月で結婚の意思表示をする”という取り決めがある。もちろん本人たちが、「もう少しお付き合いしていたい」というのであれば、それを尊重するのだが。

“3カ月で、人生の伴侶を見極めていいのか”という声があるかもしれない。しかし離婚率を見てみると、恋愛結婚の離婚率が40%であるのに対して、お見合い結婚の離婚率は10%だ(全国仲人連合会2013年調べ)。その理由を考えるに、お見合い結婚はある程度年を重ねてからの結婚である場合が多いこと。また相手の年齢、年収、どんな仕事をしているかなどのおおまかな情報を身上書で知り“この人となら結婚生活ができる”と判断しての出会いなので、感情を優先する恋愛結婚よりも失敗が少ないこと、などが挙げられよう。ただ、相手の条件がわかっているからこそ、そこにこだわりすぎて前に進めないという欠点もある。そのためにも3カ月の「決断」が必要なのだ。

武史を始め、結婚したいのに結婚がなかなか決められないでいる独身男性たちに言いたい。「結婚」とは、男性が動かなくては決まらない。そして、「結婚」とは「決断」なのである、と。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?