アップル、上海と蘇州にR&Dセンター設置へ

中国での研究開発に5億800万ドル投資

 3月17日、米アップルは、中国の上海と江蘇省蘇州に新たな研究開発(R&D)センターを開設すると発表した。写真はサンフランシスコで昨年6月撮影(2017年 ロイター/Stephen Lam)

[香港 17日 ロイター] - 米アップルは17日、中国の上海と江蘇省蘇州に新たな研究開発(R&D)センターを開設すると発表した。

北京と広東省深センにR&Dセンターを開設する計画を既に発表しているが、新たに2カ所追加する。

アップルは、中国での研究開発に35億元(5億0800万ドル)投資すると約束している。4つのR&Dセンターは年内にオープンする予定。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
深圳発 中国メイカー革命<br>米中の起業家人脈が共振

米国発祥のメイカームーブメント。個人でも企業と同様、世に流通しうる製品を生み出す動きを指す。深圳は今、メイカーズのハリウッドと呼ばれ、米国と中国の流れが合流しつつある。