トヨタ、イギリス工場に2.4億ポンド投資へ

中型車アベンシスや小型車オーリスを生産

 3月16日、トヨタ自動車の欧州部門の最高経営責任者(CEO)を務めるヨハン・ファンゼイル氏は、2億4000万ポンド(2億9400万ドル)を投じて英国のバーナストン工場で新しい車台をベースにした自動車を生産することを明らかにした。写真はトヨタのロゴ。2月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[ロンドン 16日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>欧州部門の最高経営責任者(CEO)を務めるヨハン・ファンゼイル氏は、2億4000万ポンド(2億9400万ドル)を投じて英国のバーナストン工場で新しい車台をベースにした自動車を生産することを明らかにした。

同CEOは「バーナストン工場の競争力を高めるためにわれわれが最善を尽くしていることを今回の投資は示している」と述べ、英国が欧州連合(EU)を離脱するにあたって、引き続き欧州単一市場に非関税でアクセスできることが重要と指摘した。

トヨタは現在同工場で中型車「アベンシス」や小型車「オーリス」を生産している。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ショッピングセンターの憂鬱

ショッピングセンター(SC)の新規開業が相次ぐ一方、閉店も増加。セールの乱発と主力の衣料の苦戦で、既存SCの売り上げは不振だ。百貨店と同様に大量閉店の波が押し寄せるのか。