米共和党のオバマケア廃止案、富裕層に恩恵

最上位の所得階層では約21万ドルの減税に

 3月13日、無党派の米シンクタンク、タックス・ポリシー・センターは、共和党の医療保険制度改革(オバマケア)改廃法案を実行した場合、最富裕層に中間所得層の5倍以上の恩恵があるとする試算をまとめた。写真は下院通商委員会で延々と討議されたオバマケア改革法案のコピー。米連邦議会議事堂で9日撮影(2017年 ロイター/Aaron P.Bernstein)

[13日 ロイター] - 無党派の米シンクタンク、タックス・ポリシー・センターは、共和党の医療保険制度改革(オバマケア)改廃法案を実行した場合、最富裕層に中間所得層の5倍以上の恩恵があるとする試算をまとめた。

同センターのシニアフェロー、ハワード・グレックマン氏は「実に劇的な影響だ。典型的な中間所得世帯への減税効果が平均約300ドルなのに対し、所得階層最上位の0.1%では約20万7000ドルに上ることが分かった」と述べた。

負担軽減効果は富裕世帯の場合、税引き後収入の2.6%に上ると見込まれる。一方、企業の支払う保険費用といった福利も含め年間所得が5万1600─8万9400ドルの中間所得層では、軽減できる負担はわずか0.5%にとどまった。上位0.1%の最富裕層の所得は390万ドル以上だ。

共和党の提案は、オバマケアを廃止し代替策と置き換える、トランプ大統領が支持する計画の一環。税金面では10年間で6000億ドル相当の税負担の軽減になる。

米議会予算局(CBO)は13日、下院共和党のまとめた改廃法案が採用された場合、無保険者が2018年に1400万人増え、26年には2400万人増加するとの試算を公表。ただ、17年から26年の間に連邦政府の財政赤字は3370億ドル減少するとも予想した。

トランプ氏は13日、共和党案を擁護する発言をしており、オバマケア反対派に対し、この見直しによって、より多くの保険の選択肢がより低コストで提供されると述べた。

オバマケアでは、富裕層に対する課税を強化することで、低・中間所得層の医療保険費用をまかなう仕組みを導入。民間保険への補助や低所得者向けの公的保険を通じて、以前は無保険だった2000万人が新たに保険でカバーされた。

野党・民主党は共和党に対し、オバマケアの補助金を頼りにする家族を犠牲にして金持ちを助けようとしていると批判している。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
深圳発 中国メイカー革命<br>米中の起業家人脈が共振

米国発祥のメイカームーブメント。個人でも企業と同様、世に流通しうる製品を生み出す動きを指す。深圳は今、メイカーズのハリウッドと呼ばれ、米国と中国の流れが合流しつつある。