「チア☆ダン」JETSはなぜ世界で勝てるのか

顧問や卒業生たちに聞いてみた

全米チアダンス選手権大会で5連覇を果たしたJETSの3年生部員と五十嵐裕子顧問(前列中央)=9日、福井市の福井商業高

ダンス経験者と初心者の割合は半々。学業と部活動に懸ける思いも半々。“普通”の女子高生たちが、チアダンスの本場・米国で頂点に立つ強さの秘密は何なのか。全米選手権5連覇を成し遂げた福井商業高チアリーダー部「JETS」9代目の部員から見えてくるのは、具体的な目標を掲げ、それに向けて自ら考えて練習に励む姿勢だ。

JETSはインターナショナル・チームパフォーマンス部門に出場。米の32チームから予選を突破した4チームと、日本の2チームが決勝に臨んだ。ポン、ヒップホップ、ジャズ、ラインダンスを連続して踊り、全体の構成や振り付け、視覚効果、一体感などを点数で競った。

大会に同行した日本チアダンス協会関係者は「米国の選手は一人一人の技術レベルが高いが、JETSにはチームとしてまとまった時の統一感やパワーがあった。音楽と合った振り付けも観客を引きつけた」と話す。JETSの演技を目的に訪れる米国人観客もいるといい、「登場前から会場は盛り上がっていた」。

強さの秘密は「夢ノート」

JETSの五十嵐裕子顧問は「この子たちの脳をだまして『できない』から『できる』へと気持ちを転換させることを意識している」と話す。著名人の成功例を言い聞かせたり、失敗を乗り越えたストーリーの映画を見せたりしているという。部員がそれぞれ具体的な夢を書く「夢ノート」はJETS発足時から継続している。文字に残し、はっきりとした目標をイメージさせることが狙いだ。

次ページ遊ぶのは卒業後でもできるから
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
リクルート<br>覚悟の海外展開

リクルートの海外事業が絶好調だ。海外の人材派遣事業を買収し、急成長している。目標は2020年までに人材事業で世界一。海外事業をゼロから育てた2人のキーマンに迫る。