「女子ラーメン」は、全く別のご馳走だった

味も空間も別格!デートにも使える店6選

運ばれてきた瞬間、鰹節の豊かな香りがふわりと広がる、播磨坂 もりずみ「薫風鰹本枯れ節塩らぁ麺」(1080円)。自慢の鶏スープに、一度再結晶させてうま味を閉じ込めた塩を合わせ、薩摩山川産の本枯れ節と塩麹をトッピング

麺マニアも納得の味と、女子が認める居心地の良さ

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

「女子ラーメン」の魅力は、麺マニアも納得の味と、女子が認める居心地のよさ。だから、女性ひとりでも楽しめるし、デートにも使える!

ここ最近、一気に増えてきた「女子ラーメン」は、どの店もほかにはない味で根強い人気を誇る。なかでも麺マニアが「ここは旨い!」と評判の名店を紹介しよう。

わざわざ行く価値がある。贅沢な空間で味わう上品なラーメン『播磨坂 もりずみ』茗荷谷

鶏ベースのスープに、滑らかな麺。ふっくらしたメンマ、しっかりと味を染み込ませた煮玉子。ひとつひとつがていねいに作られたラーメンは、油っこさを感じない、上品な味わいが魅力。「醤油煮たまごらぁ麺」(¥1026)

茗荷谷の駅から小石川植物園の方角へ向かうと、播磨坂の美しい桜並木が出迎えてくれる。その並木道を抜けた先に見える、深緑色の壁が「播磨坂 もりずみ」の目印だ。

初めて訪れた人なら、きっと「ホントにここ、『ラーメン屋』なの?」と確かめずにはいられなくなる。真鍮のプレートが埋め込まれたシックな外観。さりげなく植物の模様があしらわれた黒いテーブル。淡いパープルの布張りチェア。まるで品のいいフレンチレストランにやってきたとしか思えない空間なのだ。

そんな贅沢な空間で味わうのは、これまた意外にも、シンプルでオーソドックスなラーメン。

「ラーメンって、アレンジしようと思えば無限に可能性のあるメニューですけれど、自分自身が『ラーメン食べたいな』っていう気分のとき、まず思い浮かべるのは、昔ながらの鶏スープに醤油味のラーメンだったりする。結局、シンプルなのが一番だと思ったんです」と語るのは、フレンチ出身のシェフ・森住康二さん。

「シンプルな味はごまかしがきかない。だからこそ、ひとつひとつの素材にこだわっています」スープ用の鶏や麺に使う国産小麦、味の決め手となる醤油や塩。ときには森住さん自ら産地や工場を訪ね、納得できる素材を厳選した。

次ページおいしいものは清潔な場所からしか生まれない
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?