「ゼルダの伝説」最新作は一体何が面白いのか

任天堂「スイッチ」と同時発売の人気シリーズ

システム面では大きく変わった、これまでとまったく違うゼルダなのだが、僕が実際プレーしている感覚は、完全にゼルダの伝説シリーズなのだ。他のオープンワールドのゲームともまったく違った、ゼルダならではのシステムとゲーム感、双方の安定感はシステムが変わっても何も変わることはなかった。これはとても不思議な感覚だ。

僕のブレス オブ ザ ワイルドプレースタイルは、とりあえず高いところを探して登る。登れないように見える高い山もあるが、なんとなく緩めの斜面を見つけて、そこで立ち止まってがんばりゲージを回復させつつ進むことで、大抵の山には登れるようになっている。もちろん、失敗して転落死することも珍しくない。

いちばん上まで登ったらあたりを見渡し、祠や気になる場所があれば、そこまで一気にジャンプ。パラセールで滑空する。たぶん街道沿いを馬で走ったほうが速いし楽なのだろうけど、なぜか登りにくそうな山があると登りたくなるのである。気分は「山があるから登るのだ」で有名なイギリスの登山家マロリーだ。

初代からオープンワールド的だ

考えてみるに、ゼルダの伝説シリーズは、初代からオープンワールド的であった。初代もまた最初から大抵の場所に行ける仕様であった。もっともクリアはできないし、敵が強すぎてたどり着くことも困難だけれども。

そして、そうした自由さはゼルダの伝説シリーズに一貫している。あまりに自由すぎて、草を1つ残らずひたすら刈ることに命をかけてみたり、虫取り網をひたすら振り回したり、コッコとの死闘を楽しんでみたり。ゼルダの世界の中で僕たちはさまざまな自由を味わってきた。

旧作のゼルダの中で、1番の自由さの象徴だったのが、時のオカリナでの看板切りであろう。

剣を横に振れば看板が横に切れるし、縦に切れば縦に切れる。そして切れた看板が水に落ちればそれが浮く。ゲーム的に切った後に「切れた」という記号を置くのではなく、剣の軌道そのままに切れる。こうした細かいことの一つひとつが画面の中の仮想現実を、現実の手触りと変わらないものとして、僕達の楽しい遊び場にしてくれていた。

そう考えるに、ゼルダがオープンワールドというジャンルに進むのは必然であったといえる。ゼルダはオープンワールドの世界よりもずっと前から、シナリオはもちろんだが、それ以上に世界が僕達を遊ばせてくれていたのである。30年以上も前からずっと、僕たちはゼルダの伝説という世界の中で遊び続けている。システムは変わってもその本質は何も変わっていないのである。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。