「貯金できない人」が甘くなりがちな出費5つ

本当にそれに使う必要がありますか?

移動コストの高いお盆や正月、ゴールデンウイークの時期にしか休めない人は、親に田舎から出てきてもらって観光案内をして差し上げてはいかがでしょうか。毎年の帰省を隔年の帰省に変えるだけでも、帰省費は半減します。そして、田舎のご家族もたまには子どもや孫の生活に触れる。相互の理解がより深まるのでは。

休みがずらせる人は、帰省ラッシュの時期をずらしましょう。みんなと同じ休みでないと不安な方もいらっしゃるかもしれませんが、みんなと違っていいのです。断念するより簡単です。

大きなお世話かもしれないが…

(3)代替効用を探す

なぜ帰省したいのですか? 親に来てもらえないのですか? 子どもだけで行けないのですか? 旅行の醍醐味はなんでしょう? 私は旅行雑誌で行った気分になれるのですが……。ウェブでかわりに体験してくれている人もたくさんいます。ストレス発散ならほかの方法を見つけることができるかもしれません。ストレス発散のたびにおカネを使っていたら、いつまでたっても貯蓄できませんよ。

いかがでしょうか。大きなお世話でしたね。厳しいかもしれませんが、おカネを貯めることが今のあなたの人生におけるプライオリティであるのなら、言い訳はしないこと。必要な支出かどうか、定期的に検証することが大切です。いつも行っているから、ほかの人もやっているから、というのは理由としては低レベルです。あなたの人生は、あなただけの視点で考えてはいかがですか。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
日本を動かす<br>地方の名門企業77

日本各地には、地元財界の顔として政治力・経済力をいかんなく発揮している企業がある。圧倒的な存在感とパワーを持つ名門企業の実態に迫り、今後の成長が期待できる地方発“次世代企業”を取り上げた。