リクルートテクノロジーズ

人工知能(AI)が創るビジネスの未来

リクルートテクノロジーズがディープラーニングに注力する理由

そう遠くないうちに、ロボットに雇用を奪われる日がやってくる――そんな言説が世を賑わせるようになって久しい。ある調査によると、今後10年から20年程度で、米国に現存するビジネスのうち約47%が自動化されるリスクがあるという。データの信ぴょう性はさておき、テクノロジーの進展が現在のビジネス環境を一変させる可能性を疑うものは少ないだろう。
良くも悪くも注目を集めている人工知能(AI)だが、一方で人間との共存を模索する動きもある。単純労働を代替させることでコストを最小化し、生産性を高めていこうという試みだ。リクルートテクノロジーズでは最先端の取り組みにより「理想的な未来」の実現に向けて動き始めている。

グループのイノベーションを加速させる企業、
リクルートテクノロジーズとは?

テクノロジーの急速な発展に伴い、ビジネス環境が大きく変わろうとしている。かつて隆盛を極めたビジネスモデルは新たなテクノロジーによって駆逐され、そのムーブメントを生み出すことに成功した企業のみが競争優位性を確保できる。ビジネスのゲームチェンジは刻一刻と進んでいる。

あらゆる企業がビジネスの転換を迫られるなか、かつて営業力を武器に成長を続けてきたリクルートグループは、積極的な投資によりテクノロジー主導型の企業へと変貌を遂げた。そんな彼らのビジネスの根幹を担うのがグループ企業のひとつ、リクルートテクノロジーズだ。

ITとネットマーケティング領域における専門性を生かし、次世代技術のR&Dや新ソリューションの開拓、ビジネスへの実装をテーマに取り組むリクルートテクノロジーズでは2012年にビッグデータグループを創設。社内におけるデータ活用ニーズの高まりを受けて、早期から先端のテクノロジーに投資を行い取り組んできた。

そんな彼らが目下、注力しているのが人工知能(AI)領域だ。人工知能とは人間が知能を使って行う作業などを機械に代替させようという試みのこと。その中でも同社では深層学習が得意とする特徴量抽出にフォーカスし取り組みを進めている。特徴抽出とはテキストや画像の分類、文書の作成や校閲など人間が無意識のうちに頭の中で行っている作業。これらを人工知能で自動化することにより、例えばリクルートマーケティングパートナーズの手がける「カーセンサーnet」では自動車の写真を撮影するだけで、その車種や自動車メーカーの名前を知ることが可能になった。

「あのクルマ、かっこいいけど名前がわからない……」そんなとき、写真を撮るだけで解決できる
簡単に利用できる便利機能の裏では、画像認識のために人工知能が活用されている

リクルートテクノロジーズでは、こうした機械学習やディープラーニングに代表される人工知能系ロジックの統一・整備を行いブランド化した。そのブランドが「A3RT(アート)」だ。

次ページ「A3RT」の開発背景、そして"無料公開”のワケ
お問い合わせ
リクルートテクノロジーズ
リクルートテクノロジーズ
A3RT 公式サイトはこちら