ベンツ、新型「CLAクラス」の役割

斬新デザインの4ドア車、「手の届く」価格で登場

「メルセデス・ベンツといえば800万~900万円というような価格帯のイメージがありますが、300万~400万円ぐらいでも買えるようになってきています」。

7月24日、東京・六本木の「メルセデス・ベンツ・コネクション」で開かれた新車発表会に出席したメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は、会見後の報道陣とのやり取りでこんな話を明かした。

メルセデス・ベンツは同日、4ドアクーペというカテゴリの新型車「CLAクラス」を日本で発売した。今年1月にドイツで先行投入したモデルで、「Aクラス」「Bクラス」「Cクラス」など、ベンツの既存車種にない、まったく新しいタイプとなる。エンジンは排気量1600cc、2000ccのいずれもターボ(過給器)付きで計3タイプをそろえた。最も性能が高い仕様は「AMG」という有名なスポーツブランドが冠され、エンジンの最高出力はなんと360馬力と、高性能スポーツカー並みである。

「4ドアクーペ」と呼ぶ理由

CLAクラスで最も特徴的なのは斬新なデザインだ。「クーペ」といえば、通常は2ドアのスポーツカータイプなどに用いられる呼称であり、通常の4ドア車は「セダン」と称される。CLAクラスがあえて4ドアクーペと銘打っているのは、4ドア車でありながらもスポーツカーのような流線型の外観を実現しているから、というのがベンツのコンセプト。ベンツは2004年から販売している「CLSクラス」という独創的なデザインの4ドア車についても、4ドアクーペと呼んでいる。

次ページCLAクラスが狙う客層は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。