日本株の上昇を阻んでいる「4つのイベント」

3月半ばまで、もう少しの辛抱が必要だ

日本株が上昇するには、これからやってくる「4つのイベント」が何事もなく通過する必要がある。なかにはトランプ大統領関連のイベントもある(写真:ロイター/アフロ)

トランプ演説は予想通り大したことはなかった

トランプ米大統領が、2月28日(火)に、通例よりかなり遅れて議会演説を行なった。内容は、事前の多数の予想通り、経済政策については具体的な言及がなく、大したことがなかったと言えよう。

「多数の予想通り」というのは、もともとトランプ氏の経済政策は、具体的な数値については、選挙時に「思いつきで挙げたのでは?」と首をかしげるようなものが多かった。結局、実現可能な政策に落とし込むのには、「時間がかかる」のは自明だった。

そのため、上記の議会演説(例年なら一般教書演説に相当)は、通常は1月下旬に行なわれるものが1カ月も遅れており、大統領が予算についての要望を述べる予算教書の発表も、2月上旬までが慣例であるのに対して、後述のように今月半ばとなりそうだ。

経済政策以外を見ても、外交政策が右往左往している。中国に対しては、当選直後は「一つの中国政策」を見直す可能性を示唆したものの、日米首脳会談直前には習近平主席に電話し、同政策を堅持すると語った。対ロ政策絡みでは、フリン氏が政権発足前にロシアと協議していたとのスキャンダルで大統領補佐官を辞任したのちは、対ロ強硬派のマクマスター氏を後任に充てている。

こうした変化を好ましいものと考える向きがいるかもしれないが、そうではなく、極めて重要な対中、対ロ政策についても、行き当たりばったりでことを進めているということだろう。今後も政策があっちへ行ったりこっちへ行ったりする可能性が高い、と解釈すべきだ。

次ページ早くもオバマ前政権に「責任転嫁」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。