フェイスブック、自殺防止に人工知能を活用

自殺傾向のあるユーザーを特定

 3月1日、交流サイト最大手の米フェイスブックは、ユーザーの自殺を防止するため、人口知能(AI)を新たに利用し、既存の自殺防止ツールやサービスを改善する計画だとブログで明らかにした。写真はボルドーで昨年3月撮影(2017年 ロイター/Regis Duvignau)

[1日 ロイター] - 交流サイト最大手の米フェイスブック<FB.O>は1日、ユーザーの自殺を防止するため、人口知能(AI)を新たに利用し、既存の自殺防止ツールやサービスを改善する計画だとブログで明らかにした。

既存の自殺防止ツールとライブ動画配信の「フェイスブックライブ」、メッセンジャーサービスを統合し、自殺傾向のあるユーザーの特定に人工知能を役立てるという。

米紙ニューヨーク・ポストによると、米フロリダ州で1月、14歳の少女が自殺をフェイスブックライブで生中継した。

フェイスブックによると、動画を見たユーザーが自殺しようとしている本人に直接連絡したり、フェイスブックに報告できるよう自殺防止ツールをアップデートするという。

フェイスブックは、攻撃的な動画投稿を監視するため、すでにAIを導入している。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。