チャンバラが多くの外国人を引き付ける理由

日本殺陣道協会は世界への教室展開を計画中

日本殺陣道協会のメンバー(筆者撮影)

京都での舞妓衣装体験や甲賀の忍者屋敷見学など、外人さんが日本の伝統文化を味わうツアーが人気を呼んでいます。それを一歩進めて、自ら立ち回りをして悪役や女忍者を斬って捨てる体験コースで、欧米人のみならずアジア人も加わって大にぎわいの教室があります。

この連載の一覧はこちら

大阪市西区北堀江1丁目に道場を置く「日本殺陣道協会」です。

会長の八木哲夫さんは「一般の人に殺陣を教えていたのですが、流れが変わってしまいました」と言います。いったい何が変わってきたのでしょうか。

大阪の雑居ビルの中の隠れた観光スポット

2004年大阪で設立し、2010年一般社団法人「日本殺陣道協会」となりました。当初は、菊地剣友会代表の菊地竜志氏の指導を仰ぎ、生徒を一般募集して殺陣の勉強を行っていました。舞台や映画といった業界人の学ぶ特殊技術の「殺陣」に、所作・礼儀作法などの心の鍛錬を意味する「道」の言葉を加えて、「殺陣之道」としました。「日本人は、茶道、書道など『道』を究めるのが好きですから」と八木会長。「殺陣」を通じて、日本の伝統文化や古き良き和の心を体得してもらおうというものでした。

生徒さんは当初、中高生やリタイアしたサラリーマンなどを想定していましたが、意外なことに8割が女性でした。現役のOLさんもたくさん見えたそうです。道場にいた女性の生徒さんに加入の動機を聞いたら「ストレス解消です!」とのこと。会社や家庭内でのモヤモヤを、剣を振り回して大の男を倒すことで、文字どおり、斬って捨てるのだそうです。子供の付き添いで見えたお母さんが「面白そう」と自ら申し込むこともあるとか。黒装束に身を包んで効果音を出している女性がいましたが、子供を差し置いて自分が熱中し、ついには女忍者「くの一牡丹」になった方でした。

こうして10年ほど続けた結果、人に教えられるだけの人材も育ってきました。ちなみに、等級は10級から始まり段位を持つまでありますが、その有段者に指導資格が与えられます。ある程度の修練を積んだ有段者が、人にケガをさせないよう生徒さんを指導するのです。そしてこうしたスタッフが、道場で教えるだけでなく、外国人観光客に簡単な演技指導をしてチャンバラを体験してもらうことを始めました。名付けて「侍・忍者ショー」。予想以上の大人気です。2012年、外国からの体験希望客は20人でしたが、2016年には1500人と急増しています。

次ページテレビ番組にも登場
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。