ソフトバンク買収案件でインサイダー疑惑

トレーダー資産凍結

 3月1日、米証券取引委員会(SEC)は、 ソフトバンクグループによる投資会社フォートレス・インベストメントの買収に絡み、インサイダー取引で不正な利益を得た疑いがあるとして、複数のトレーダーの資産を凍結したことを明らかにした。写真はソフトバンクのロゴ。都内本社で昨年6月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米証券取引委員会(SEC)は1日、 ソフトバンクグループ<9984.T>による投資会社フォートレス・インベストメント<FIG.N>の買収に絡み、インサイダー取引で不正な利益を得た疑いがあるとして、複数のトレーダーの資産を凍結したことを明らかにした。

ソフトバンクは2月14日、フォートレスを33億ドル相当の現金で買収することで合意したと発表している。SECでは、ロンドンやシンガポールの証券会社のトレーダーらが、買収に関する情報を事前につかみ、14日にフォートレス株を購入、翌15日に売り抜け、360万ドルの利益を得たとしている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
IS掃討後も混沌続く中東

IS(イスラム国)の敗退が明らかになりつつある。その掃討に貢献したクルド人勢力が独立の動きを見せ、中東の新たな火種に。特にイラクとシリアで一層の混乱が懸念されている。