いつまでも「お医者様は神様」ではいけない

医師を「教育できる」患者になるまでの5段階

患者は、医者にどのような役割を期待するのでしょうか(写真:tomos / PIXTA)

患者にとって、医師とはどのような存在なのでしょう。

医師に神であるかのような絶対的な信頼感を求める人、もっとオープンに話し合えることを求める人、自分が望むように治療をしてほしいと考える人など、患者が医療者に求める関係性はさまざまです。それぞれの個人の生育歴、病気の状況、社会の中での生活状況などによって異なりますし、時代とともに変化してきました。

患者の医療者に対する意識の5ステップとは?

この連載の記事はこちら

今回は、患者の医療者に対する意識を5つのステップに分けて考えてみます。もちろん、どのステップが正しいというものではありませんが、社会全体が成長し変化する方向性として、第1から第4ステップ、そして第5ステップへと向かっています。

次ページ医師に盲従することのデメリットとは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。