U2「アクトン・ベイビー」収録曲に盗作疑惑

「ザ・フライ」は盗作?英ローズ氏が訴訟提起

 2月28日、アイルランド出身の人気ロックバンド「U2」が27日、1991年の大ヒットアルバム「アクトン・ベイビー」に収録された「ザ・フライ」は盗作だとして米マンハッタンの裁判所に訴えられた。写真は昨年9月撮影(2017年 ロイター/Steve Marcus)

[28日 ロイター] - アイルランド出身の人気ロックバンド「U2」が27日、1991年の大ヒットアルバム「アクトン・ベイビー」に収録された「ザ・フライ」は盗作だとして米マンハッタンの裁判所に訴えられた。

訴えたのは、英国のソングライター兼ギタリストのポール・ローズ氏。U2のメンバーとアイランド・レコードに対し、少なくとも500万ドル(約5億7000万円)の賠償を求めている。

訴状によると、ローズ氏は1989年に自身の曲「Nae Slappin」のデモテープをレコード会社に渡した。この年、同社はU2と契約。ギターのソロなど「特徴的な要素」を「Nae Slappin」から取って「ザ・フライ」は作られたとしている。

ローズ氏は、一般リスナーはこの2曲が「かなり似ている」ことに容易に気付くとし、「あまりにも似ている」ため、U2自身が「ザ・フライ」を作ったとは思わないだろうと述べた。

U2の代理人やレコード会社は28日、コメントの求めに応じていない。ローズ氏が、なぜ25年以上も訴訟を待ったのかは不明。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。