大学博物館という至福−−静かに進む東大の試み

共同通信記者 岩川洋成

 東大・本郷キャンパスの通称「赤門」をくぐり、右手に進んだ突き当たり、広大な敷地の外れというと失礼だが、学生の行き来もまばらな一角にその建物はある。東京大学総合研究博物館。いつもはひっそりとした空間が5月のある日、ちょっとした喧噪に包まれた。

 東大創立130周年記念行事の一環として開催中の「鳥のビオソフィア--山階コレクションへの誘い」展を、皇太子ご夫妻が鑑賞に訪れたのだ。雅子妃、実に4カ月ぶりの東宮御所外での公務とあって、報道陣も多く詰めかけた。

山階鳥類研究所といえば秋篠宮が総裁を務め、ご結婚前の黒田清子さんも研究員として籍を置いた、皇室とゆかりが深い財団法人。鳥の剥製や関係資料など、10数万点にも及ぶ収蔵品の一部を、初めてまとまった形で公開する場に同博物館が選ばれた。同館の特任研究員でもある秋篠宮と紀子妃の案内に、雅子妃は中国の鳥を指して一言「モノトーンですてき」。終始、笑い声が絶えなかったという。

「すてき」とは言い得て妙だ。なにしろこの展覧会、無味乾燥に資料が並ぶ、ありがちな自然科学系の博物館とはひと味もふた味も違う。もしかすると美術展よりもはるかに見せることにこだわった、まさにすてきな空間だった。

エントランスでは、絶滅した巨大鳥類エピオルニスの卵(複製)と、抽象彫刻の巨匠ブランクーシの作品「空間の鳥」が対になって出迎える。壁面にはレオナルド・ダ・ヴィンチの「鳥の飛翔に関する手稿」、シュルレアリストの手による卵の写真に鳥を描いたミロの石版画。人類の、鳥という生きものに対する想像力に思いを馳せよ、とでも言いたげな品々だ。

昭和天皇に献上されたという剥製群は、そのレトロなガラスケースまでが美しい。「調度」と呼びたくなる標本棚に、卵形に浮かび上がるスポットライト。そしていちばん奥の部屋には、特注の六角形のショーケースに入れられた珍鳥の剥製たちが妖(あや)しく浮かび上がる。

科学は美しい--。ため息とともに湧き上がる感慨はまさに、同館が発信し続けてきたメッセージである。曰(いわ)く「アート&サイエンス」。だがそれは大学博物館というまだ日本でなじみのない特異なミュージアムを、新しい知のインキュベーター(ふ卵器)に位置づけようとする野心的な戦略の一端にすぎない。

貴重な資料が眠っている知を体系化できないか

東大総合研究博物館は1996年、それまでの資料館を改組・拡充する形で発足した。国内初の教育研究型ユニバーシティ・ミュージアムを立ち上げるに当たり、弘前大から呼び寄せられた西野嘉章教授(当時助教授)は、資料館に足を踏み入れたとたん驚愕したという。「古代生物の骨が、無造作に廊下に積まれている。植物標本、いわゆる押し花を挟んだ新聞紙が、植民地時代の中国や台湾の貴重な邦字紙だったりする。明治時代の実験器具や数理模型の美しさにほれぼれしても、専門領域からは見向きもされない。いわば巨大な粗大ゴミ倉庫だった」。

1877年の創設以来、東大には600万点を超える学術標本が蓄積されている。資料館にはそのうちの240万点。西洋美術史が専門の西野の目には宝の山に映った。だが、どこに何があるかもわからないゴミの山では、コレクションとは呼べない。これを体系的に整備し、誰にでもアクセス可能なデータベースを構築したなら、そこからまったく新しい知の領域が生み出されるかもしれない--。

開館以来60回以上に及ぶ展覧会は、その実験場だ。

先述の「アート&サイエンス」もその一つ。アートという文脈上に学術標本を置いてみる。「CHAMBER of CURIOSITIES/東京大学コレクション--写真家上田義彦のマニエリスム博物誌」では、広告写真の第一人者が、動物の骨格、剥製、ホルマリン漬け標本などの学術標本を、モノそのものの美しさを引き出す超絶技巧で写し出してみせた。世界的な写真家杉本博司の「観念の形」シリーズは、所蔵の数理模型コレクションを撮り下ろしたものだ。

それだけではない。01年の「真贋のはざま」展では、学術標本の持つ複製性に着目するところから始まり「デュシャンから遺伝子まで」を副題に壮大な「コピー文化史」を描き出してみせた。

押し花標本を挟んでいた新聞紙を整理、分析する作業からは04年の「プロパガンダ1904-1945~新聞紙・新聞誌・新聞史」という展覧会が生まれ、「古新聞学」ともいえる分野のありようを示す。同年の「石の記憶-ヒロシマ・ナガサキ」展は、同大地質学教室が被爆直後の広島、長崎で収集した岩石や建材を通して、原爆へのもう一つのまなざしを提示して見せた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。