テレビ局の「ネット音痴」意外にも深刻な実態

「逃げ恥」大ヒットを大多数が学べていない

テレビ業界のネットオンチもここまできたか……(撮影:尾形文繁、田邉佳介、吉野純治)

視聴形態が多様化した現在でも…

約40年間続いた「土曜ワイド劇場」(テレビ朝日系)の終了や、「ザ!世界仰天ニュース」「嵐にしやがれ」(ともに日本テレビ系)の放送時間移動など、春のテレビ番組改編に関するニュースが次々に報じられています。

改編の基準となっているのは、ひとえに視聴率アップ。録画機器やスマホが普及し、視聴形態が多様化した現在でも、テレビ業界の「リアルタイム視聴=CM収入」という意識は変わっていません。

その象徴は、視聴率トップの日本テレビ。「高品質の番組を作ろう」という姿勢が見える一方で、「他局の連ドラは徹底的に潰す」という考え方が随所に見られます。たとえばこの冬も、TBSの金曜ドラマ「下剋上受験」スタートに合わせてジブリ映画の“再放送”を3週連続で放送し、同じくTBS日曜劇場「A LIFE」のスタートに合わせて「行列のできる法律相談所」の“3時間特番+特別MC・明石家さんま+19時からの先行放送”をぶつけました。

ただ、これは日本テレビに限った話ではなく、他局も大小なりとも似たようなことをしています。一方、視聴者にしてみれば、「テレビ局同士で潰し合うなんてみっともない」と視野の狭さに脱力してしまうのではないでしょうか。

しかし、それ以上に視野の狭さを感じさせる施策がありました。先述した「A LIFE」の初回放送日14時から、「(主演俳優の)木村拓哉密着ドキュメント」という「情熱大陸」(TBS系)風の番宣番組を作って放送していたことです。

私はこの番組を見ながら、「テレビ業界のネットオンチもここまできたか……」とショックを受けてしまいました。そして皮肉にもそれを象徴しているのが、同じTBSが手掛けた「逃げるは恥だが役に立つ」(以下、「逃げ恥」)の大ヒットなのです。

次ページ「逃げ恥」のネットPRは一般企業と同じ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
J.フロントの財務改革<br>「店舗BS」の威力

「店舗BS(バランスシート)」を導入し、傘下の大丸、松坂屋で改革を進めるJ.フロント。不動産事業強化で「脱百貨店経営」に突き進む。山本社長は「大転換期。資産効率を高める」と語る。