独社民党支持率、「メルケル与党連合」上回る

2006年10月以来初、連邦議会選挙は7カ月後

 2月23日、ドイツ連邦議会選挙を7カ月後に控える中、最新の世論調査によると、社会民主党(SPD)の支持率が、メルケル首相率いる保守系与党連合のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)を、2006年10月以来初めて上回った。フランクフルト市内のようす。1月撮影(2017年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[ベルリン 23日 ロイター] - ドイツ連邦議会選挙を7カ月後に控える中、最新の世論調査によると、社会民主党(SPD)の支持率が、メルケル首相率いる保守系与党連合のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)を、2006年10月以来初めて上回った。

公共放送ARDの委託でインフラテストが20─22日、1047人を対象に調べた。

調査結果によれば、SPDの支持率が32%、CDU・CSUは31%となった。2日公表の調査と比べて、SPDの支持率が4%ポイント上昇し、CDU・CSUは3%ポイント低下した。

移民受け入れに反対する「ドイツのための選択肢(AfD)」の支持率が11%、企業寄りとされる自由民主党(FDP)は6%と、議席獲得ラインの5%を上回り、連立に向けた動きが複雑化しそうだ。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。