フェイスブックが目論む「テレビ化」とは?

可能性を見出す広告主

テレビ広告予算を獲得する前に…(撮影:今井康一)

テレビ業界は停滞しているように思えるかもしれないが、ソーシャルプラットフォームが模倣を試みるくらい、まだ十分に利益を出している。

フェイスブックは、ニュースフィードへの広告掲載場所が不足していることから、動画の提供を拡大し、テレビ広告用の予算を呼び込もうとしてきた。だが、そうした取り組みは課題に直面するだろう。

ロングフォーム動画はマーケターの利益になるかもしれないが、ニュースフィードはロングフォーム動画を組み込むのが難しい場所であり、ユーザーはまだフォーマットに慣れる必要がある。さらにフェイスブックは、テレビ広告予算を獲得する前に、質の高いコンテンツへの支出を増やす必要があるだろう。

広告獲得に一層役立つ

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

「フェイスブックの存在がテレビに近づけば近づくほど、そうした広告予算を獲得するうえで一層有利になるのは確かだ」と、メディアエージェンシーのグループMでペイドソーシャルを率いるキーリー・テイラー氏は指摘する。

フェイスブックは過去1カ月間に、ロングフォーム動画を優先するいくつかの行動を起こしてきた。アルゴリズムを微調整してロングフォーム動画の表示を増やし、90秒以上の動画に差し込まれるミッドロール広告をテストしはじめた。

また、テレビ広告とデジタル広告を比較するツールをマーケターに提供し、セットトップボックス向けの動画アプリを開発中だと報じられている。ちなみにフェイスブックは、本記事に対するコメントを避けた。

次ページ必要なのはユーザー教育
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ゼネコン 絶頂の裏側

329社増益率ランキングでわかるゼネコン業界の絶好調ぶり。一方、リニア談合疑惑が浮上し、先行き不透明に。五輪後は不況に逆戻りか。秘密の人脈図、年収増減ランキングも掲載。