JASRAC「金額の問題ならば交渉に応じる」

どうなる?楽器教室「著作権使用料問題」

そもそも楽器教室を行う上で、元になるのは音楽。それを創作した作家に対して一円たりとも還元がないのは順番としておかしいのではないでしょうか。教室を維持するために、電気・ガス・水道、家賃、講師への報酬は払っているはずで、著作権使用料についても絶対に必要なコストとして見込んでおくべきものです。

ーー「音楽教育を守る会」は権利者団体に個別に説明に行き、説得するとしています。JASRACはあくまで権利者の代表なので、権利者の意向が変われば音楽教室への使用料の請求を取り下げる可能性もありますか。

ヤマハは音楽ビジネスのパイオニアで、幅広いビジネスを展開されている。作家の中にはヤマハに恩義を感じている方も多いと思います。作家にもいろいろな考え方の人がいますので、中には作家団体の会合で、ヤマハ側の説明に納得し支持する人もいるでしょう。しかし、作家団体の総意になることは考えられません。

法律論ではなく、料率の議論をしたい

――議論の結果、料率を引き下げる可能性もある?

包括契約の場合に授業料収入の2.5%をいただくという提案をそのまま絶対に変えない、ということはありません。ご意見があれば、当然検討したいと思っています。

これまでの交渉では、ヤマハも意見を出すことについて拒絶していません。3月までに意見を出して欲しいとお願いしており、そこに注目したいと思います。もし、支払うつもりはない、という意見なのであれば今後の展望は見えなくなります。

しかし、「利用実態からみて使用料は2.5%ではなく1%であるべきだ」といった内容の意見であれば、展望が見えます。頂いた意見を受け入れられるかどうかは別にして、そういった議論、協議であれば、誠意をもって対応させていただきます。

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
芸人・アナウンサーに学ぶ<br>最強のコミュ力

お笑い芸人にして芥川賞作家・又吉直樹の「伝わる」文章の極意。ベストセラー「話し方の教科書」をもつアナウンサー・魚住りえの「聞き方」講座。コミュニケーション技術を達人に学ぼう。