「レジ」でバレる!二流の人の超ヤバい3欠点

「マジで迷惑な人」多すぎ!あなたは大丈夫?

レジでの会計タイムにバレる、最大の人間的欠陥は、なんといってもその「傲慢さ」である。

店員への態度で五流がバレる

【3】「傲慢さ」がバレる

自分が買ったのは、たった120円のおでんのいとこんにゃくであるにもかかわらず、「地元経済を支える大口顧客」のような横柄な態度で「おつゆ、もっと入れてくれへんか!!」と、店員さんに食ってかかる、再起不能の人たち。

ほかにも、店員さんがあいさつをしているのに、ムスッとした表情のままで、「ありがとうございました」と言われているのに、まるでレッドカーペットを歩くハリウッドスターよろしく無表情でレジを立ち去るのだから、もはやかける言葉もない。

こういう人にかぎって並ぶ列を間違えて、ひとり関係ないところに突っ立っていたりするが、それに気づいたとたん、「ここが列って、はよ言わんかい!」などと関西弁で怒鳴るのだから、「この人は、人として終わっている」と糾弾されても、やむをえないだろう。

コンビニのアルバイトの店員さんという、お客さんに強く出ることができない立場の人に対して、日頃の自分のうだつの上がらなさの憂さ晴らしをするのだから、この人が五流でなければ、誰が五流だというのか。

恥ずかしながら人格的壊滅状態にあるケースでは、コンビニの店員さんに土下座をさせて、その写真をツイッターに投稿して逮捕されるという怪人が、たまにニュースに登場する。

コンビニの店員さんなど、お客さんに丁寧に接することが求められるサービス業の人に対して傲慢に振る舞う人は、「人格的に故障した、欠陥人間」との烙印を押されても、やむをえないだろう。

次ページでは「一流の秘訣」は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
アジアから訪日客が殺到<br>大阪・ミナミの熱気と困惑

4年で5倍に外国人観光客が増えた大阪。中でも道頓堀や心斎橋など大阪・ミナミの中心エリアにアジアからの訪日客が押し寄せている。リピート客も多い。ミナミの魅力に迫る。