米国株式、主要3指数が連日最高値の理由

トランプ大統領の減税発言に期待ふくらむ

 2月15日、米国株式市場では主要3指数が連日の過去最高値更新となった。S&P総合500種は7営業日連続の上昇。ニューヨーク証券取引所で7日撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 米国株式市場は、主要3指数が連日の過去最高値更新となった。S&P総合500種は7営業日連続の上昇。トランプ米大統領が減税の実施をあらためて約束したことや堅調な経済指標で買いが広がった。

1月の小売売上高と消費者物価指数(CPI)はいずれも市場予想を上回る伸びを示し、米景気は力強く成長しているとの見方を強める内容だった。

またトランプ大統領が米小売り大手のトップと会談し、法人税率の引き下げや税制の簡素化に言及。減税や規制緩和が米経済を押し上げるとの楽観論から株式が買いを集めた。

S&P500種の最高値更新は5日連続で、2013年9月以来で最長。

イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長は前日の上院に続き、下院金融サービス委員会で証言し、FRBは利上げの軌道にあるとの見方を示した。

コモンウェルス・ファイナンシャル・ネットワークのブラッド・マクミラン最高投資責任者は「イエレン議長が1年前に議会で今回のような証言を行っていたら、市場は脅えただろう。経済の基礎的諸条件が非常に軟弱だったためだ。今では基礎的諸条件に対する自信が強まっており、FRBが利上げしても動揺はないだろう」と述べた。

セクター別で最も上昇率が大きかったのはS&Pヘルスケア株<.SPXHC>の1.17%。金利上昇が追い風となる金融株も全般に買われ、S&P金融株指数<.SPSY>は0.74%上昇した。半面、金利高が逆風となる公益や不動産といった銘柄は売られた。

個別銘柄では、日用品のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)<PG.N>が3.71%高。著名投資家ネルソン・ペルツ氏が率いるヘッジファンドのトライアン・ファンド・マネジメントがP&G株を買ったと伝わり、コスト削減策拡大や業績不振部門の分社化への期待が高まった。

サウスウエスト航空<LUV.N>、コンチネンタル航空<UAL.N>、アメリカン航空<AAL.O>、デルタ航空<DAL.N>の航空株は軒並み上昇。米著名投資家ウォーレン・バフェット氏の投資会社バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>が各社の株式を追加取得したとの報道が好感された。

騰落銘柄数は、ニューヨーク証券取引所では上げ銘柄が下げ銘柄を上回り、比率は1.44対1だった。ナスダックも1.79対1で上げが下げを上回った。

米取引所の合算出来高は約70億株で、直近20営業日の平均である68億株を上回った。

終値 前日比 % 始値高値 安値 コード

ダウ工業株30種 20611.86 +107.45 +0.52 20504.27 20620.45 20496.03 <.DJI>

前営業日終値20504.41

ナスダック総合5819.44 +36.87 +0.64 5777.90 5821.95 5776.70 <.IXIC>

前営業日終値 5782.57

S&P総合500種 2349.25 +11.67 +0.50 2335.58 2351.30 2334.81 <.SPX>

前営業日終値 2337.58

ダウ輸送株20種 9554.35 +110.13 +1.17 <.DJT>

ダウ公共株15種664.40 -2.97 -0.45 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 970.54 +7.91 +0.82 <.SOX>

VIX指数 11.97 +1.23 +11.45 <.VIX>

S&P一般消費財690.14 +3.46 +0.50 <.SPLRCD>

S&P素材 329.25 -0.53 -0.16 <.SPLRCM>

S&P工業 564.63 +2.65 +0.47 <.SPLRCI>

S&P主要消費財554.94 +4.53 +0.82 <.SPLRCS>

S&P金融 406.46 +3.00 +0.74 <.SPSY>

S&P不動産 192.48 -0.57 -0.30 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー533.36 -1.89 -0.35 <.SPNY>

S&Pヘルスケア850.80 +9.83 +1.17 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 166.38 +0.44 +0.27 <.SPLRCL>

S&P情報技術 877.44 +3.46 +0.40 <.SPLRCT>

S&P公益事業 248.17 -0.96 -0.39 <.SPLRCU>

NYSE出来高 8.44億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物3月限ドル建て 19440 0 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物3月限 円建て 19415 - 25 大阪比 <0#NIY:>

*本文1段落目の文言を一部修正しました。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。