「学習障害」が放置される、教育困難校の現実

単なる「高卒資格」だけでは何も担保できない

また、「教育困難校」には、就職試験が解けないというレベル以前の生徒も残念ながら在籍している。九九が全部言えない、分数計算ができない、四則計算もあやふやな生徒もいる。実は発達障害、学習障害を抱えているケースがあると思われるのだ。

クレぺリン検査でわかることも

ある時、高校3年生のクラスでクレぺリン検査を実施した。クレぺリン検査とは、ランダムに並んだ1ケタの数字列があり、その隣り合った数字を足した数の下1ケタの数字を答え、1分ごとに下の列に移りながら、合計30分行うものである。「教育困難校」では途中で足し算に飽きてしまう生徒、集中力が途切れて誤答を書く生徒は珍しくないが、ある男子生徒は2つの数字の足し算を暗算ではできずに、余白に計算を書き、さらに下1ケタだけでなく和をそのまま書いていた。問題の求めるものが最後まで理解できなかったのである。

このような生徒は勉強を怠けていたからできないのではない。実は発達障害、学習障害があり、それを高校生まで周囲に気づかれず、何のサポートもされなかった生徒である可能性がある。最近、このような障害についてようやく認知度が高まり、こういった生徒を対象にした高校が地域によっては設けられつつある。しかし、その数はまだ少なく、また保護者や生徒自身にそのたぐいの高校への進学に対する抵抗感も強い。そのため、本来なら療育が必要な生徒が、倍率の低い、または定員割れをしている「教育困難校」に多数入学している。

彼らが就職を希望すると、学習に何も困難がない高校生と同じ土俵に立つことになる。到底、太刀打ちできず、何度も就職試験に落ち、もともと低い自己肯定観を一層低くしてしまうことにもなる。就活に苦しみ、自信を失い、自傷行為や引きこもりを引き起こす大学生が話題になることは多いが、高校の段階で同様の試練を受け、まして、そこには気づかれない障害がある実例は、なぜか社会的な問題にはされない。

これまで述べたように、今の日本では、高卒の「資格」に義務教育段階の学力の保証すら見ることができないのが現状である。彼らに、社会で普通に生活できるレベルの基礎学力をつけさせたいと考え、日々奮戦している良心的な教員は少なくない。しかし、生徒のこれまでの成育歴の中で育まれた性格や価値観、先天的な病気や障害といった大きな壁に阻まれ、教員はほとんどの場合、敗北している。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
親の住まい 子の住まい<br>マンション、戸建て、サ高住…

人生100年時代で住まいの選び方が変わった!実家の片付けも大問題だ。マンションやサ高住のランキングを掲載し、現役世代、リタイア世代の選択肢を紹介。帰省の時期に考えよう。