三越伊勢丹HD、ニッコウトラベルにTOB

物販だけでは限界、「コト消費」対応強化

 2月10日、三越伊勢丹ホールディングス は、ニッコウトラベル を株式公開買い付け(TOB)で完全子会社化すると発表した。「コト消費」に対応するため、シニア向けを中心にした旅行業を強化する。写真は都内で2007年7月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 10日 ロイター] - 三越伊勢丹ホールディングス <3099.T>は10日、ニッコウトラベル <9373.T>を株式公開買い付け(TOB)で完全子会社化すると発表した。「コト消費」に対応するため、シニア向けを中心にした旅行業を強化する。

TOB期間は2月13日から3月23日。TOB価格は1株390円。これは、2月9日までの直近1カ月の終値単純平均301円に対して29.57%のプレミアムが付いている。株式取得金額は36億円。

ニッコウトラベルの創業者である久野木和宏氏など計43.33%の株式はTOBに応募することで合意している。

ニッコウトラベルは、60歳以上の富裕層を主要顧客としており、百貨店業との顧客層の親和性が高い。三越伊勢丹も自社で旅行業を手掛けており、ニッコウトラベルを買収することで強化を図る。

三越伊勢丹の旅行業は約60億円、ニッコウトラベルは約40億円の規模。伊倉秀彦・経営戦略本部部長は会見で、同グループの旅行事業について「将来的に1.5倍や2倍という規模にしたい」と述べた。

三越伊勢丹のファイナンシャルアドバイザーは野村証券、ニッコウトラベルはAGSコンサルティング。

 

(清水律子)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。