「再婚」を希望する人々が悩む法的問題とは

結婚の「4分の1」が再婚という時代が来た中で

再婚ならではの悩みとは?(写真:xiangtao / PIXTA)

過去最高を更新した、再婚の割合

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

結婚全体に占める再婚の割合は「4分の1」。厚生労働省が1月18日、2015年の人口動態統計をもとにした分析結果を公表したところ、その割合の高さにネット上では驚く声が相次いだ。厚労省の発表によれば、夫婦の双方、あるいは一方が再婚だった割合は26.8%。分析対象となった1975年以降では最高の割合となる。

再婚で気をつけたいポイントはあるのだろうか。再婚者たちに聞くと、様々な悩みがあった。

質問1)再婚の報告を「別れた相手」にしないとダメ? 
質問2)戸籍には「前妻」と「現在の妻」の名が並ぶ?
質問3)前妻の荷物は勝手に処分したら問題?
質問4)「離婚歴」を隠して「婚活」してもいい?

 

それぞれの質問について、中西祐一弁護士に聞いた。

質問1)再婚の報告を「別れた相手」にしないとダメ?

昨年、再婚したばかりのカズ男さん(37)は、価値観の相違から3年前に離婚。子どもはいなかった。最近、離婚後に知り合った女性との再婚したが「前妻にはどう報告すればいいのか」と悩んでいるという。「子どもがいないので、連絡する用事もないのですが、黙っておくリスクもあるのではないか」と考えているからだ。

回答「再婚を伝える義務はなし」

婚姻関係は離婚によって終了し、離婚後の夫婦は、基本的には完全な「他人」となります。したがって、離婚後に誰と交際しようが、結婚しようが、自由ということになります。従いまして、カズ男さんには、前妻に再婚を伝える義務はありません。

次ページ実害があるわけではないが…
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
アジアから訪日客が殺到<br>大阪・ミナミの熱気と困惑

4年で5倍に外国人観光客が増えた大阪。中でも道頓堀や心斎橋など大阪・ミナミの中心エリアにアジアからの訪日客が押し寄せている。リピート客も多い。ミナミの魅力に迫る。