トランプ米大統領、中国の習主席に書簡送付

「建設的な関係構築」へ期待表明

 2月8日、トランプ米大統領は、中国の習近平国家主席への書簡で「建設的な関係構築」に向け国家主席と協力していくことを楽しみにしていると表明した。写真は米国と中国の国旗。ニューヨークで2011年3月撮影(2017年 ロイター/Lucas Jackson)

[ワシントン 8日 ロイター] - トランプ米大統領は、中国の習近平国家主席への書簡で「建設的な関係構築」に向け国家主席と協力していくことを楽しみにしていると表明した。ホワイトハウスが声明で明らかにした。

大統領は、国家主席からの就任祝福の書簡に謝意を示すとともに、酉(とり)年の中国の繁栄を願うと表明した。

中国外務省からのコメントは出ていない。

トランプ大統領と習国家主席は、トランプ氏の選挙戦勝利後まもなくの昨年11月14日に電話会談したが、1月20日の大統領就任以降はまだ直接話していない。

中国外務省は前週、両国は引き続き「緊密な関係」にあるとしていた。

中国の外交を統括する楊潔チ国務委員(副首相級)は前週、フリン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)に対し、中国は論争や慎重に扱うべき問題を管理するため米国との協力を望んでいると述べた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
信頼される会社<br>CSR企業ランキング 2018年版

総合1位のNTTドコモは4年ぶり、2回目。2位KDDI、3位ブリヂストン、4位コマツと続く。CSR調査に財務を併せて作成したランキング。ESG投資の貴重な情報で、機関投資家も注目。