エントリーシート対策は過去問で乗り切ろう

トヨタ、東京海上、伊藤忠の内容はこうだった

自分をアピールするエントリーシートは就活において決定的に重要だ (写真:NORIYUKI / PIXTA)

希望する企業の内定を獲得するためには、越えなくてはならない2つの大きな壁がある。ひとつは言わずと知れた「面接」、そしてもうひとつが「エントリーシート」だ。「エントリーシート」は、最初に就職ナビや企業の採用ホームページから登録する「プレエントリー」と区別するために、「正式エントリー」あるいは単に「エントリー」とも呼ばれる。

エントリーシートはソニーが初めて採用

日本でエントリーシートを最初に採用したのは、ソニーが1990年代初頭、「学歴不問採用」を打ち出した際に用いた「エントリーシート」にある。それまで技術系においては、推薦を依頼した大学からの採用という、実質的な指定校採用が主流だった。ソフトウエア企業や金融などの非メーカーによる技術系採用が増え、文系同様の自由応募も始まってはいたものの、大手企業では難関校・伝統校を中心に採用を進めていた。そんな時代にソニーは、「新しいものは異質なものが集まった中から生まれる」を謳い文句に、大学名の記入欄のないエントリーシートによる採用を打ち出したのである。採用のほとんどを、リクルーターや指定校に頼っていた他の大手企業も、表向きには「学歴不問」を謳わざるを得なくなっていく。メーカーにも本格的な自由応募の波が訪れることとなった。

1995年12月には、現在の「マイナビ」の前身となる「Career Space」が、翌1996年2月には「リクナビ」の前身となる「RECRUIT BOOK on the Net」が、サービスを始めるなど、就職ナビが次々と登場した。当初は、就職情報誌と併用していたが、ネットインフラの普及とともに主役は就職ナビに代わり、就職情報誌はどんどん廃刊していった。

次ページ大学名で配布物を変えていた
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。