安倍首相とトヨタ社長、3日午後6時半に会談

トランプ大統領の政策について意見交換か

 2月2日、関係筋によると、安倍首相とトヨタ自動車の豊田社長が3日午後6時半から、都内のホテルで会食し、北米での自動車生産などトランプ米大統領の政策と密接に関連するテーマで意見交換する。同社のワシントン工場で2010年撮影(2017年 ロイター/Kevin Lamarque)

[東京 2日 ロイター] - 安倍晋三首相とトヨタ自動車<7203.T>の豊田章男社長が3日午後6時半から、都内のホテル内にあるレストランで会食し、北米での自動車生産などトランプ米大統領の政策と密接に関連するテーマで意見交換する。関係筋が明らかにした。

複数の政府筋によると、安倍首相は2月10日にワシントンでトランプ大統領と会談する方向で最終調整しており、翌11日にはフロリダ州の同大統領の別荘に招かれ、そこでも会談することが検討されている。

安倍首相と豊田社長との会談における詳細なテーマは明らかにされていないが、トランプ大統領は、日本の自動車市場が不公正であるとの趣旨の発言をするとともに、日米貿易不均衡の大きさにも言及。首脳会談では、日米通商問題が大きなテーマの1つに浮上するとみられる。

3日の会談に関し、トヨタからのコメントは得られていない。

 

(竹本能文 編集:田巻一彦)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ビジネスに効く!<br>教養としてのテクノロジー

AI、ブロックチェーン…今さら聞けないテクノロジーを解説。会計・英語に並ぶビジネスの即戦力スキルだ。米MITメディアラボ・所長伊藤穰一のインタビューを掲載。未来を見通す特集。