2800万を数日でゼロにしかけた株投資の罠

慢心、油断、没頭が5つのリスクを招いた

4.全体市況の無視

後からチャートを見てわかったのですが、この頃の全体市況は今に比べて株価は安いものの、短期的には過熱感が出ており、いつ調整が来てもおかしくない状況でした。そして、株価が高値圏であると認識しているのであれば、ある程度株を売って現金を持っておくべきです。私はその基本を忘れ、信用二階建てというハイリスクな状態を維持しました。投資初心者のうちは、おカネのある分全部何かの株を買いたくなるものですが、今は全体市況が過熱しているなと思っているのであれば、調整に備えてある程度現金を持っておいたほうが安心なのです。

買いすぎも厳禁

5.出来高に対して株式の買いすぎ

『日本株 独学で60万円を7年で3億円にした実践投資法』(日本実業出版社)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

普段の1日の売買株数が20万株の銘柄を5万8000株も買うのは買いすぎです。一度に売ろうとすると値崩れを起こします。時間をかければ売れないわけでもないのですが、リスク分散して1銘柄当たりの投資金額を減らすべきです。

これだけ初歩的なミスを連発すれば、東日本大震災がなくても大損していたでしょう。結果、Jトラストのポジションの大半を底値で損切りする羽目になりました。そして、辛うじて破産は免れたものの、資産の大半を失いました。

今となっては、いい経験と振り返ることができますが、このようなミスは、投資経験の長い方でも経験している人が少なくない事例。慢心、油断しすぎたり、周囲が見えないほど没頭しすぎたりすると冷静な判断ができず、思わぬトラブルにはまるのは、何事も同じです。
 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
異色対談 伊藤邦雄×村上世彰<br>ROE8%達成で日本を変えろ

ROE8%達成を求めた企業統治改革の指針「伊藤リポート」で知られる伊藤邦雄教授。企業と敵対し、社会に拒絶された「村上ファンド」の村上世彰元代表。両者に相通ずるものとは?