アヴェンタドールの最新進化は何がスゴいか

ランボルギーニの最先端技術をてんこ盛り

Lamborghini Aventador S

新型ランボルギーニ、アヴェンタドールSが登場

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

2016年12月、ランボルギーニは旧来のLP700-4に代わる新型のアヴェンタドールSを発表した。

新型の登場によって退場するランボルギーニのフラッグシップ・シリーズ、アヴェンタドールの「LP700-4」がデビューしたのは、2011年3月のジュネーブ・ショーのこと。それから5年と9か月を経た2016年12月19日、サンタ・アガータのランボルギーニ・アウトモービリ本社は、LP700-4を大幅にブラッシュアップして「アヴェンタドールS」と呼ぶ新型を発表した。

これにともない“LP700-4”の型呼称は廃止となり、シンプルに“S”となった。搭載するのは、先代と同じ6.5リッターV型12気筒NAエンジンで、プラス40psの740psの最高出力と、従来と同一の最大トルク690Nmを発揮する。トランスミッションは、最短で50mm秒以内にギアシフトするシングルクラッチ式7段シーケンシャルISRが組み合わされる。0-100km/h加速は2.9秒、マキシマムスピード350km/hのパフォーマンスを披露するという。

アヴェンタドールSにおける最大のトピックは、最新の電子制御システムが導入されたことによって、大幅な進化を遂げたハンドリングであるとされる。2015年にデビューした世界限定600台のハードコアモデル、「アヴェンタドール LP750-4 SV」に初めて採用され、今回がシリーズ生産モデルとしては初の導入となる4輪ステアリングシステムは、低速および中速時でのアジリティと高速時のスタビリティの双方を高めたという。

一方、縦方向の制御の要となるのが、4輪ステアリングに合わせて修正された最新式のプッシュロッドおよび磁気粘性ダンパーとの組み合わせによるサスペンション・システム(LMS)だ。これもまたLP750-4 SVに次いで、ランボルギーニのシリーズ生産モデルとしては初の導入。上記のシステムを一括管理する「ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・アッティーヴァ(LDVA)」制御ユニットに統合され、クルマの挙動を司るブレーンとして、常に最適なパフォーマンスを導き出す。

次ページ第4のモードも追加され
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。