中国北部、スモッグに包まれた旧正月に

河北省を含む北部4省で大気汚染が悪化

 1月23日、中国の首都北京や北部の工業地帯は、スモッグに包まれて春節(旧正月)を迎える見通しとなった。写真は北京で3日撮影(2017年 ロイター/Thomas Peter)

[北京 23日 ロイター] - 中国の首都北京や北部の工業地帯は、スモッグに包まれて春節(旧正月)を迎える見通しとなった。中国の環境監視当局が22日、メッセージアプリ「微信(WeChat)」の公式アカウントで明らかにした。

28日の春節を前にした23─26日、北京周辺の河北省を含む北部4省で大気汚染が悪化。27日に一服するものの、28日に再び大気汚染は悪化し、深刻なスモッグが同地域に広がる見通しだという。

春節には多くの人々が家族や友人に会うために移動する見込みで、政府は、その数を約30億人とみている。

当局によると、春節の期間は産業活動や交通量は少なくなるが、花火や爆竹により大気汚染レベルが上がる地域もあるという。

北京当局は、花火によるスモッグを防止するために花火の販売を一部制限した。また、中部の河南省は全域で花火の使用を禁止。同省の保定市では、春節の4日間に屋外で花火をした者は拘束される可能性があるという。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。