「ノート7」の発火は電池の欠陥が原因だった

サムスン電子が調査結果を発表

 1月23日、韓国のサムスン電子、スマートフォン「ギャラクシーノート7」の発火問題について、電池の欠陥が原因で、ソフトウェアやハードウェアの問題ではないとの見解を示した。写真はソウルで昨年11月撮影(2017年 ロイター/ Kim Hong-Ji )

[ソウル 23日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は23日、スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート7」の発火問題について、バッテリーの欠陥が原因であるとし、ソフトウエアやハードウエアの問題ではないとの見解を示した。

ノート7は昨年8月に発売されたが、発売直後から発火事故の報告が相次ぎ、10月には生産・販売が打ち切られた。

サムスンは声明で、安全性への取り組みを強化すると発表した。

サムスンはこの日、バッテリーのサプライヤー名には言及しなかった。ただ、以前、サムスンSDI<006400.KS>と中国のアンペレックス・テクノロジーをサプライヤーとして挙げている。SDIは、製品の安全性を向上させるため、1500億ウォン(1億2856万ドル)を投じるとし、今後もサムスンの携帯電話向けにバッテリーを供給すると明らかにした。

サムスンは、バッテリーサプライヤーに対して、法的措置を取ることは検討していないとしている。

モバイル事業の責任者、高東真(コ・ドンジン)氏は23日、今年2月にバルセロナで開催される「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」で新型スマホ「ギャラクシーS8」の発表を見送る方針を明らかにした。

高氏は、昨秋浮上した「ギャラクシーノート7」の発火問題以来、初となるプレミアムモデルの発表がいつになるかには言及しなかった。

ハイ・インベストメントのアナリスト、Song Myung-sup氏は、サムスンが発火の原因を明確にしない限り、消費者はギャラクシーS8を買い控えるだろう、との見方を示した。

*内容を追加しました。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
IS掃討後も混沌続く中東

IS(イスラム国)の敗退が明らかになりつつある。その掃討に貢献したクルド人勢力が独立の動きを見せ、中東の新たな火種に。特にイラクとシリアで一層の混乱が懸念されている。