スタートセミナー

人生のギヤチェンジ

~自分らしい働き方・人生を歩むために~

従来の価値観が大きく転換している今ほど、ビジネスに新しいアイデアや開拓精神が求められている時代はありません。我々がこの状況下でいかに生きていくべきかを考え、行動を起こしていくために「東洋経済スタートアップセミナー」では、さまざまな分野のゲストをお迎えしてセミナーを開催しています。

第11回は、「人生のギヤチェンジ~自分らしい働き方・人生を歩むために~」をテーマに、テレビのコメンテーターとしてもおなじみの起業家経沢香保子氏と、元AERA編集長浜田敬子氏をお迎えします。

働き方も生き方も多様ないま、本当に自分らしく働き、自分らしい人生を歩むとはどういうことなのでしょうか?お二人にこれまでのキャリアを振り返っていただきながら、ターニングポイントや難しい局面でどのように考え、乗り越えてこられたのか?起業家やリーダーとしての在り方、これから一歩踏み出す方々へのアドバイスなど幅広くお聞きします。

開 催 概 要
日時 2017年02月06日 (月)  19:00~21:00
※受付開始は18:30頃を予定しております。
受講料(税込) 5,000円
定員 150名
※定員になり次第締切らせていただきます
主催 アカデミーヒルズ
共催 株式会社東洋経済新報社 
   トーマツベンチャーサポート株式会社
会場 アカデミーヒルズ(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)
※お申込期限 2017年2月6日(月)15:00まで

 

>>お申し込みはこちら

プログラム

19:00 オープニング

19:05 経沢香保子氏 ご講演

株式会社キッズライン 代表取締役社長
慶應大学卒業。リクルート、楽天を経て26歳の時に自宅でトレンダーズを設立し、2012年、当時女性最年少で東証マザーズ上場。2014年に再び創業し、「日本にベビーシッターの文化」を広め、女性が輝く社会を実現するべく、1時間1,000円~即日手配も可能な安全・安心のオンラインベビーシッターサービス「キッズライン」を運営中。

19:30 浜田敬子氏 ご講演

株式会社朝日新聞社 総合プロデュース室 プロデューサー
1989年朝日新聞社入社。前橋・仙台支局、週刊朝日編集部などを経て99年からAERA編集部。女性の働き方雇用問題、国際ニュースを中心に取材。副編集長、編集長代理を経て2014年から編集長。ネット媒体とのコラボや外部プロデューサーによる1号限りの「特別編集長号」など新企画を連発。16年5月から朝日新聞社総合プロデュース室プロデューサーとして新規プロジェクトの開発などに取り組む。「働くと子育てを考えるWOKRO!」「Change Working Style」などのプロジェクトを立ち上げる。テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」の水曜コメンテーターなども務める。

20:00 モデレーターとのトークセッション

モデレーター 斎藤祐馬(さいとう・ゆうま)
トーマツベンチャーサポート株式会社 事業統括本部長 公認会計士

1983年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。2006年公認会計士試験合格、監査法人トーマツ入社。2010年より社内ベンチャーとしてトーマツベンチャーサポート株式会社の事業の立ち上げ、3年半で全国20拠点・150名体制への拡大に成功する。ベンチャー企業の成長支援を中心に、大企業の新規事業創出支援、ベンチャー政策の立案に至るまで幅広く手掛けている。ベンチャー企業が大企業100名にプレゼンテーションを行う早朝イベントMorningPitch発起人。日経産業新聞においてコラム『起業の成否』を連載中。『週刊ニュース深読み(NHK)』『Biz+ サンデー(NHK)』などテレビ出演多数。著書:『一生を賭ける仕事の見つけ方』(ダイヤモンド社)。

20:30会場からのQ&A

21:00セミナー終了

>>お申し込みはこちら

お申込・お支払い方法

・イベントレジストのシステムを使用しています。(※イベントレジストをはじめてご利用になる方は、最初に会員登録が必要です。)

・お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。

・領収証をご希望の方は、お申込完了後、イベントレジストの「マイチケット」ページ内<領収証データ> ボタンをクリックして下さい。領収証データが表示されます。

【その他】
・円滑な進行のためにいただいた情報を講師の方々に提供させていただきます。

>>お申し込みはこちら

お問い合わせ先

アカデミーヒルズ スクール事務局

受付時間:10:00-18:30(土・日・祝・年末年始を除く)
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。
電話番号:03-6406-6200
URL:https://form.mori.co.jp/form/pub/academy/biz_inquiry

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
どん底からの回復劇<br>マクドナルドの組織改革

2014~15年度に赤字に陥った日本マクドナルドHD。17年度は最高益の見通しだ。逆境下で指揮を執ったサラ・L・カサノバ社長に聞く。「きっかけは女性マネジャーからのメール」。