中国アリババがIOCとスポンサー契約締結

契約期間は2028年まで、金額は明らかにせず

 1月19日、中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディングは国際オリンピック委員会(IOC)とスポンサー契約を結んだと発表した。浙江省杭州の本社で2010年5月撮影(2017年 ロイター/Steven Shi/File Photo)

[ダボス(スイス) 19日 ロイター] - 中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディング<BABA.N>は、国際オリンピック委員会(IOC)とスポンサー契約を結んだ。契約期間は2028年まで。両者が19日、発表した。

アリババは、米コカ・コーラ<KO.N>やマクドナルド<MCD.N>などが名を連ねる「TOP」スポンサー契約を結んだ。

契約金額は明らかになっていない。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。