メキシコで銃乱射事件、外国人を含む5人死亡

音楽フェスティバル開催中

 1月16日、メキシコ東部のリゾート地プラヤデルカルメンで、ナイトクラブで銃の乱射事件が発生し、外国人を含む少なくとも5人が死亡、15人が負傷した。写真は現場となった「ブルー・パロット・ナイトクラブ」(2017年 ロイター/Victor Ruiz Garcia)

[メキシコ市 16日 ロイター] - メキシコ東部のリゾート地プラヤデルカルメンで16日、ナイトクラブで銃の乱射事件が発生し、外国人を含む少なくとも5人が死亡、15人が負傷した。現場では当時、エレクトロニック音楽のフェスティバル「BPM」が開催されていた。

キンタナ・ロー州当局者によると、事件は午前3時ごろに起きた。死者のうち3人はカナダ人、イタリア人、メキシコ人で、残りの2人の国籍は現時点では不明。死者のうち1人はフェスティバル参加者らが出口に殺到した際に死亡した。

当局者は、乱射した容疑者は逃走中だとした上で、テロ行為としての捜査は行われていないと述べた。事件に関与した疑いで4人が拘束されたという。

当局者は死者のうち2人はフェスティバルの警備員だと述べたが、フェスティバル側は警備員3人が犠牲になったとしている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大ヒット愛国映画『戦狼』に見る<br>中国の拡張主義

世界の歴代映画興行収入トップ100に、アジア映画で唯一ランクインしている『戦狼』。実はプロパガンダ作品だ。「アフリカの友人」を高らかにうたい、中国企業のアフリカ進出を促す。